「24:レガシー」キャストまとめ

24の新シリーズ、スピンオフとして2017年2月からスタートした『24:レガシー』

24シリーズで主人公ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが製作総指揮をとり、長くドラマを支えてきた製作陣と共に新しい24の物語を見せます。

今回は『24:レガシー』に登場するキャスト達を紹介します!

 

スポンサーリンク
 

「24:レガシー」あらすじ

レンジャーとしてベン達仲間と共にテロ首謀者イブラヒム・ビンハリードを倒したエリック。任務から6ヶ月経ったある日、ビンハリードの部下達が彼らを襲います。

組織の一部の人間しか知らない彼らの身元情報が内通者により漏れた可能性があります。

エリックとベンは部下達を。CTU(テロ対策ユニット)の前本部長レベッカは後任に選んだ現本部長マリンズに隠れ、プログラマーのアンディと内通者を探します。

ビンハリードの部下達はレンジャーの襲撃時に無くなった金庫を探していました。ベンが盗んでいた金庫の中にはテロ工作員のリストと起動コードが入ったUSBが。

USBをビンハリードの息子、ジャダラに奪われましたが運よくデータは破損していました。

ビンハリードの意思を受け継いだジャダラのアジトを探すため、ベンとエリックは武器商人のガブリエルのアジトへと向かいます。

エリックに捕えられたガブリエルは隠していたナイフで自ら首を切り死亡。PCの中にはジャダラを不正に入国させた記録と住所がありました。

住所を頼りにジャダラのアジトへと向かうエリックたち。けれどガブリエルへの襲撃がどこからかメディアに漏れ、その報道を見たジャダラは逃げ出していました。

ジャダラの部下によりニコールとアイザックが捕えられ、USBのデータを修復できる者と人質交換するとジャダラはエリックを脅しました。

 

「24:レガシー」メインキャスト

[エリック・カーター] コーリー・ホーキンズ

物語の主人公でレンジャーとして仲間を率いテロ首謀者であるビンハリードを倒した。

妻ニコールと新たな生活を始め、子供も望んでいたが生き残ったビンハリードの部下に見付かり妻と共に逃げ出した。

妻を兄の元へ預け、同じくレンジャーとして戦ったベンに再会すると彼は部下が捜している金庫を持っていた。

金庫の中にあったUSBを手に入れるべくベンと取引するが、取引の場にビンハリードの息子であるジャダラが現われUSBを奪われてしまった。

ベンの提案でジャダラを密入国させたと考えられる武器商人ガブリエルのアジトへ向かう。

ガブリエルは死んだがPCの中にジャダラのアジトに繋がる情報があり、ロック達と武装してアジトへ向かった。けれど、橋でテロが起きそれを見たジャダラ達は倉庫へ移動。

ニコールとアイザックが連れ去られ、代わりに破損したUSBを修復できる者を連れて来いと脅されている。

24シリーズで長く主人公を演じたキーファー・サザーランドにかわり新たな主人公となるエリックは、正義感に溢れる男だが何よりも任務を優先しニコールは「戦いを欲している」と心配。

前CTU本部長レベッカに信頼を置くが、現本部長のマリンズには自由に動かせてもらえない。家族同様の仲間達をジャダラ達に殺されて復讐に燃えています。

 

[レベッカ・イングラム] ミランダ・オットー

前CTU本部長。マリンズに地位を譲り退任したが、ジャダラ達がエリックを襲った事でCTUから離れられずにいる。

夫ジョンの選挙戦の為の退任だったが、ジョンの父ヘンリーがジャダラ達にレンジャーの情報を流した疑いがあり尋問するがヘンリーはシラをきりとおす。

埒があかないと”ある人物”による強化尋問を行いたいとマリンズに許可を求めた。

夫は大統領選出馬を表明している議員ジョンの妻であるレベッカは彼を支えなければいけない立場です。けれど自分の仕事に誇りを持つ彼女をジョンは広い心で許してきました。

「君はCTUから離れられないんだな」ジョンは笑顔で話していましたが、皮肉に聞こえました…ジョンの事よりも仕事を優先するレベッカ。

だからこそジョンの父ヘンリーに良いようにされてしまったのではないでしょうか。

 

[ジョン・ドノヴァン] ジミー・スミッツ

レベッカの夫で大統領選に出馬した議員。忙しいレベッカにかわり、選対本部長のニラーが支えている。父であるヘンリーも息子を大統領にしようと必死。

妻の仕事に理解を示し、優しいジョンはヘンリーの裏の顔を知り激怒する。CTUの尋問室までゆき父を尋問したが、彼は「知らない」と言い切りジョンを困らせた。

ジョンには秘密裏にヘンリーは一旦釈放される。レベッカにより強制尋問が行われるのだが、ジョンに知られまいと彼はその後足止めされ調書を取られる。

ルイスからの電話でヘンリーが釈放された事を知りマリンズを問い詰めた。

ジョンは優しい男だというイメージですが、いざという時には怒鳴ります。ヘンリーが育てた子供ですからイメージ通りではないでしょう。

怒鳴る時は自分の思い通りにならない時が多いような気がします。レベッカには優しいジョンですが、レベッカがヘンリーを強化尋問にかけている事を知ったジョンがどうなるのかも注目です。

個人的には一番不安定な人物のような気がしています。

 

[アイザック・カーター] アシュリー・トーマス

アイザックはエリックの兄ですが、元恋人のニコールはエリックと結婚。

弟との仲は当然良くない。ジャダラの部下に追われた事でエリックはアイザックの所にニコールを預けます。

新しい取引相手とのやり取りでアイザックの手下が裏切ろうとしているのを知ったニコールがアイザックを助けました。

ジャダラを逃がしてしまったエリックはニコールにCTUから迎えを出します。けれどジャダラの部下がCTUの車に向かうニコールを襲撃し、アイザックと共に連れ去った。

ジャダラが隠れる倉庫に捕らわれたアイザックは「死ぬかもしれない」とニコールに愛を告白した。エリックが助けに来て、彼が乗って来た車でニコールと逃げる。

アイザックはニコールを奪った、とエリックを憎んでいましたが捕えられている間に考えを改めて自分達のかわりにジャダラに捕えられるエリックを許しました。

けれどニコールがそばにいた事で彼女への想いが戻ります。アイシャが嫉妬から取引相手にアイザックを殺させようとしたのも、ニコールが来た事で起こった事です。

 

[ジャダラ・ビンハリード] ラファエル・アクローク

エリック達レンジャーが倒したテロ首謀者イブラヒム・ビンハリードの息子で、父亡き後組織を受け継いだ。レンジャーの身元を内通者から入手し、ベンが盗んだ金庫を追って来る。

ガブリエルのアジト襲撃がどこからかメディアに漏れ、その報道を見た彼らは元のアジトから逃げ出す途中にアイザックとニコールを拉致。

破損したUSBのデータを復元できる者と交換するとエリックを脅した。ジャダラは物静かで何を考えているのか読めない男。

父の工作員、父の計画通り、と父親の意思を受け継ぐジャダラ。

工作員のリストが破損し、WEB担当の部下が修復した1人の工作員で攻撃を始めようとするイブラヒムの代からの側近を殺した。

まるで父親の考えた通りにやらなければ意味がないと言わんばかりの態度に動揺する部下もいる。

 

[アミラ・ドダエフ(死亡)] キャサリン・プレスコット

チェチェンから兄と共にアメリカに留学してきた女子高生でパキスタンへ訓練に行っていた兄に感化されている。

兄のハッサンの作戦で化学教師デイビッドを仲間に引き込み爆弾を作らせる。高校で出来た彼氏ドリューにテロに関するメールを見られて殺した。

やって来た父に怪しまれて止められるが、爆発物を持ってきたデイビッドに兄を殺されアミラは彼を刺す。

ハッサンに使命を託され、1人でトラックを運転。ジョージ・ワシントン橋で爆発を起こした。

アミラは色仕掛けでデイビッドに近づき、彼は恋人関係であると勘違いしてしまいました。

父を拘束し不安を感じていた彼女の様子を心配し「一緒に逃げよう」と誘いますがアミラはハッサンを選びます。

拘束を逃れた父が警察に連絡しましたがアミラの運転するトラックは既に橋の上にいてCTUは動けませんでした。大規模な自爆テロとなり、被害者は600名。

苦しみながらも後戻りができなくなった彼女を誰かに止めて欲しかったです。

 

「24:レガシー」サブキャスト

<エリック周辺>

[ニコール・カーター] アナ・ディオプ

エリックの妻だが、元はアイザックの恋人だった。ビンハリードの部下に追われ、エリックと共に逃げるがアイザックの所に預けられ彼の命を救った。

 

[ベン・グライムズ(死亡)] チャーリー・ホフハイマー

エリックと共にレンジャーとしてイブラヒム・ビンハリードを倒すが、襲撃時に持ちだした金庫にはテロ工作員のリストと起動コードがあった。

ガブリエルのアジトにエリックと向かい、部下に撃たれた。

 

<レベッカ周辺>

[トニー・アルメイダ] カルロス・バーナード

24シリーズのオリジナルキャストであるトニーはレベッカからヘンリーの強化尋問を頼まれる。CTUから釈放されたヘンリーを仲間達と共に襲い軍事施設へ連れてきた。

 

[アンディ・シャロウィッツ] ダン・ブカティンスキー

CTUのプログラマーでその腕は一流だが、エリックに設計図を流した事でマリンズからアクセス権をはく奪される。

ロックとは過去に恋人関係にあった。エリックに頼まれ、一緒にジャダラの元へ向かう。

 

[キース・マリンズ] テディ・シアーズ

レベッカが選んだ後任で現CTU本部長。エリックの行動を認めないため、レベッカが隠れて彼を支援している。

 

[マリアナ・スタイルズ] コーラル・ペーニャ

24シリーズに登場したエドガー・スタイルズのいとこ。短大卒だがエドガーから学んだ知識でアンディを驚かせる。

 

[トム/トーマス・ロック] ベイリー・チェイス

CTU現場担当責任者。アンディと恋人関係にあったが昇進を気にして別れた。エリックと現場に出る事が多いが、仲は良くない。

 

[スアレス]

捜査員。ニラーの尋問を任される。

 

[コナー]

捜査員。ニラーの尋問を任される、CTUにやって来たエリックを案内した。

 

<ジョン周辺>

[ニラー・ミズラニ] シェイラ・ヴァンド

ジョンの選挙対策本部長。ドノヴァン家とは長い付き合いだがルイスにはめられて罪を着せられる。

 

[ヘンリー・ドノヴァン] ジェラルド・マクレイニー

ジョンの父でジョンの選挙の為に全てをそそぐ。ニラーの件をルイスに聞き、ジョンに話してしまうがルイスの助言でCTUではダンマリを決め込んだ。

レベッカの指示でトニーに連れ去られる。ジャダラとの直接の繋がりは不明。

 

[ルイス・ドノヴァン] ダニエル・ザカパ

ジョンの叔父でヘンリーの弟。ニラーをはめた人物だが、ジャダラとの直接の繋がりは不明。レンジャーの情報を流した張本人。

 

[ライアン] ビンス・フォスター

ジョンの事務所のスタッフでニラーの無実を証明する証拠をジョンに知らせる。

 

<ジャダラ周辺>

[ラシッド・アルサビ(死亡)] ディラン・ラムゼイ

マリクの弟。マリク達と別行動でレンジャーを襲う。エリックを襲い、殺された。

 

[マリク・アルサビ(死亡)] サード・シッディーキー

ラシッド達と別行動でレンジャーを襲う。ベンとエリックを追いかけてきてエリックに殺された。

 

[カスマ(死亡)] ライト・ナクリ

イブラハムの代から仕えてきた側近。後を継いだジャダラに殺された。

 

[ハミド] ジーゴ・ザキ

ジャダラの部下でWEB担当。

 

<アイザック周辺>

[アイシャ] ティファニー・ハインズ

アイザックと恋愛関係にあるがジェロームとも関係している。ニコールが戻って来た事が気に入らず取引相手のロヨにアイザックを殺させようとする。バレて逃亡中。

 

[ジュリアン・ロヨ] ジミー・ゴンザレス

アイザックの新規取引相手。アイシャから取引を提案されたが、アイザックの側についた。

 

[ジェローム] ハッジ・ゴライトリー

アイザックの部下でアイシャと恋愛関係にある。アイシャの作戦が失敗し、2人で逃亡中。

 

[ケビン] ティアン・リチャーズ

ジェロームの弟。ジェロームが居なくなった事でアイザックに問い詰められるが許された。

 

[アンドレ] サム・マローン

アイザックの手下。様子がおかしいアイザックと話をするようニコールに頼んだ。

 

<アミラ周辺>

[デイビッド・ハリス(死亡)] ケビン・クリスティー

高校の化学教師。アミラにほだされテロの為の爆薬を作る。ハッサンを撃ち、アミラに刺された。

 

[ドリュー・フェルプス(死亡)] ゼイン・エモリー

アミラの元彼氏。アミラのメールを見て止めようとするが、デイビッドに大ケガを負わされる。運ばれた先の病院でアミラに殺された。

 

[エイリーン・フェルプス] ジョイ・ヤコブソン

ドリューの母親でアミラの事を信頼している。

 

[ハッサン・ドダエフ(死亡)] テモ・メリキゼ

アミラの兄。パキスタンで訓練を受け、思想を植えつけられた。カスマが発信した起動コードを受信し、実行しようとするがデイビッドに撃たれる。

 

[ミカエル・ドダエフ] アイボ・ナンディ

ハッサンとアミラの父。ハッサンの地元の友人ティムールがテロを起こした事で心配してやって来た。アミラを説得しようとするが、ハッサンに拘束されていた。

 

<その他>

[エイミー(死亡)] エインズレー・ブッビコ

ベンの妹。ベンを探しに来たマリクに殺された。

 

[ポール・ヴァーノン] ビリー・ケリー

エリックが首都警察に忍び込む為に使った中年警官。

 

[ベイツ] ジェシー・マリノフスキ

エリックが首都警察に忍び込む為に使った若手警官。エリックを助ける。

 

[ジョージ・マークス] ブライアン・ブライトマン

SWAT司令官。首都警察に忍び込んだエリックを捕えに来た。

 

[ダニエルズ] テリー・デイル・パークス

首都警察本部長。エリックを捕えようとするがレベッカから電話があり攻撃をやめさせる。

 

[フォックス] ブランドン・ラッシュ

レベッカと共にニラーを捕えに行った捜査官。

 

[ガブリエル(死亡)] アンドリュー・ハワード

24シリーズで登場した民間軍事会社スタークウッドにいた事のある武器商人。エリックに銃を向けられ、自ら首を切った。

 

[ジェンキンス(死亡)] ジェームス・デュモン

ジョージ・ワシントン橋の管理者。アミラの起こすテロを止めようとするが爆発の犠牲に。

 

[ドナルド・シムズ] ジェームス・モージス・ブラック

米国国家情報長官。画像通話でレベッカやマリンズとやり取りをする。

 

[シドラ] モラン・アティアス

トニーと共に現れた女。一緒にヘンリーの尋問を行う。

 

「24:レガシー」キャストをまとめての感想

個人的にお気に入りだったアミラがテロを実行し、とても残念ですが新たに現れたシドラが気になります!トニーとレベッカの関係を怪しんでいました。

トニーと恋愛関係にあるのでしょうか?彼女の詳細はまだ不明です。エリックはついにジャダラの懐に入り込み、刺し違える覚悟でニコールをアイザックに任せました。

エリックと共に動くアンディには生き残って欲しいのですが、死んでしまうストーリーも見えます…

元彼のロックだけが彼らの作戦を聞かされているので助けに行って欲しいのですが第7話が終わり、彼はエリックによって駐車場に拘束されています。

ヘンリーの強化尋問をトニーに頼んだレベッカはジョンに話し、彼を待っています。ジョンとレベッカ夫妻がどうなるのかも気になりますね。

 

⇒ 24:レガシーの動画はこちらから!

 

 

スポンサーリンク