プリズンブレイク サラとマイケルのこれまで

2005年にスタートしたプリズンブレイクはシーズン4で一旦ファイナルシーズン、ファイナルブレイクを迎える。

およそ8年が経過した2017年4月プリズン・ブレイク復活シーズン5が放送を開始します。ドラマの中軸であった主人公マイケルとヒロインのサラ。

この2人はこれから始まるシーズン5にも登場します!新シーズンを前にサラとマイケルのこれまでを振り返ってみましょう。

 

最新作プリズンブレイクシーズン5の視聴がまだの方はこちらで観られます!

⇒ プリズンブレイクシーズン5 動画の無料視聴はこちらから!

 

スポンサーリンク
 

プリズンブレイク サラとマイケルのこれまで

シーズン1 出会い~脱獄

兄であるリンカーン・バローズを助けるために刑務所入りした主人公のマイケル・スコフィールド。

警備が手薄な診療室からの脱出を計画し糖尿病だと偽って診療室に通い、医務官のサラ・タンクレディと出会った。

高インシュリン剤パグナックを密かに仕入れ、インシュリン注射を受け続けるマイケル。そんな事をしている彼の作戦に気付かないサラは「不思議」と興味を持つ。

脱出経路確保のためにわざと空調を止めたマイケル。スクレとアブルッチが穴を開ける事に成功したが、ティーバッグ達が暴れ出し所内で暴動がおこった。

医務室にいたサラが囚人達に狙われているのを知ったマイケル。天井裏から医務室に行き彼女を助けるが、マイケルのウソを知ったサラは彼の事を調べ始める。

そんなある日、マイケルに面会を求めた妻ニカを目撃。2人が婚姻関係にあると知ったサラはマイケルと距離を置いたが、その裏で彼を助けようと父を頼った。

サラの父はイリノイ州知事でリンカーンの死刑執行を止める事もできる存在。リンカーンの無実を信じるようになったサラは父に資料の見直しを頼んだ。

父はそれを拒否するも、新たな証拠が出てきた事でリンカーンの死刑執行は延期になる。マイケルの妻、ニカから「マイケルを助けたい」と相談を受けるサラ。

けれどそれはマイケルの作戦で、ニカが医務室のカギを盗もうとしていた。気付いたサラは医務室のカギを交換する。

ついに脱獄の日がやって来る。マイケルは考えた挙句、サラに直接頼む事を選んだ。

「医務室のカギをかけ忘れてくれ」サラは悩みに悩んだが彼に協力する事を決め、カギをかけずに医務室を出る。

決めた事、とはいえ自分のした事に耐え切れなくなったサラはモルヒネを摂取。脱獄幇助の疑いで警察がサラ宅に向かうと、彼女はモルヒネの過剰摂取で瀕死状態に陥っていた。

 

シーズン2 組織との戦い

一命を取り留めたサラだが、医師免許ははく奪される。依存症を克服するために会合に参加したサラは同性愛者だと語るランスに出会った。

けれどランスは組織の命で動くシークレットサービスのケラーマン。マイケル達を捜しだす為にサラを利用しようと近付いてきた。

刑務所を脱獄したのはマイケルとリンカーンだけではなく計8名。フォックスリバー8と呼ばれ、FBIは血眼になって彼らを捜している。

マイケルに裏切られた、と気を落とすサラは父の力で無実となる。その父はランスが身元を偽っている事をサラに話したあと、何者かに殺されてしまった。

父の遺体のそばにはある“カギ”が落ちていた。サラは特に何も思わず、そのカギを拾う。サラとマイケルは暗号を使い密かに連絡を取り合っていた。

彼との再会を果たしたサラだが、マイケルらを捜していたケラーマンとFBI捜査官のマホーンに場所が特定されてしまう。

2人でパナマに逃げようと誘うマイケル。サラはそれを断るとその場を去った。もう彼と会う事はないと思う暇もなく彼女はケラーマンに拉致される。

ケラーマンに拷問を受けた事で、父の遺体の側にあった“カギ”が重要なものだと気づくサラ。ケラーマンの隙をついて逃げ出し、IDを捨て身なりを変えた。

そのカギを使い、音声ファイルを入手したサラとマイケル、リンカーン。直接大統領を脅す作戦をとり失敗するも、マイケルとリンカーンは国外へ出る事に成功した。

FBIに狙われるサラ。マイケル達のかわりに自分を犠牲にしようとするが、ここでケラーマンが現れサラの無実を主張する。

ケラーマンの協力で釈放されたサラはマイケルと再会。リンカーンを殺そうとそこに現れたキム捜査官をサラが銃殺する。

すぐに警察に包囲され、マイケルはサラの罪をかぶり自首した。

 

シーズン3 サラ死亡

サラは組織に連れ去られ、殺されてしまう。彼女の頭部が入った箱を見たリンカーンはマイケルにそれを知らせた。サラを失い、マイケルは復讐に燃える。

 

シーズン4 組織との取引

「サラは生きている」彼女の死は組織のグレッチェンにより偽装されたものだった。マイケルはサラの父の元同僚ベネットにサラの居場所を知らされ2人は再会する。

それが組織のワイアットにばれて、マイケルは組織壊滅を決めた。

秘密情報“スキュラ”を探すためマイケルはマホーンやスクレ達と動き出すが、ベネットが何者かに殺され、マイケル達もワイアットに追われた。

ある日、マイケルが鼻血を出している事に気付いたサラ。元医師のサラが病院に連れてゆくが、手術が必要だとわかる。

リンカーンが組織と取引し“スキュラ”と交換でマイケルの手術を頼んだ。マイケルはその取引を拒否、そして自分の母親が生きている事を知る。

母親クリスティンが“スキュラ”と関わっている事も。同じタイミングでサラは妊娠を知った。マイケル達は無事“スキュラ”を手に入れそれを国連に渡す。

無罪放免となり、誰にも追われる事のない自由を手に入れた。それから4年後…

「パパに会いに行く」サラはマイケルとの間にできた息子、マイケルJr.とコスタリカに住んでいる。海を見下ろす小高い丘に集まるサラとリンカーン、スクレ、マホーン。

彼女は墓標に花を供え、彼らと海へ向かった。“マイケル・スコフィールド 10.8.1974‐11.4.2005”

 

ファイナルブレイク 前半

自由を手に入れたサラとマイケルは結婚式を挙げる。幸せな時間もつかの間、サラはマイケルの母クリスティン殺害容疑で逮捕されてしまった。

刑務所でティーバッグとつるんでいた将軍がサラ収監を知り、彼女を殺そうと目論む。サラの命が狙われていると知ったマイケルはサラを脱獄させる計画を練った。

リンカーン、スクレと共に動いていたマイケル。そこにマホーンも協力する。同じ刑務所に収監されているグレッチェンは脱獄計画に気付き、自分の連れてゆくよう要求。

マイケルはティーバッグにも協力を仰いだが、彼は大金を要求してくる。マホーンは復職と引き換えにマイケル達の作戦をFBIに流していた。

 

ファイナルブレイク 後編

「今夜、祈るしかない」マイケルは自分にもしもの事があれば、とマホーンにDVDを託した。刑務所は捜査官達に包囲されている。

所内ではサラと娘に会いたいグレッチェンが共に教会を目指していた。パラシュートを確認した捜査官達。

マホーンが事前にパラシュートの情報をFBIに流していた。その隙にマイケルが所内へ侵入する。無事に教会へ辿り着いたサラとグレッチェン。

グレッチェンは警備に見付かり連行されるが、サラがいる事は言わなかった。

警報器を鳴らすはずだったティーバッグは、スクレの入金が遅れた事で密告。マイケルはティーバッグが密告する事は薄々感じており、最終手段をとる。

感電覚悟でケーブルをショートさせサラを脱獄させた。リンカーン、スクレと合流したサラ。しかし、マイケルは来ない。

「あいつは戻らない」マホーンは皆を連れて車を移動させた。ティーバッグはガゼを流したとして独房へ。

マホーンはマイケルの診断書を皆に見せる。“脳腫瘍”彼は自分の命の短さを知り、自分を犠牲にしてサラと子供を助ける事を選んだ。

将軍から奪った金を受け取ったサラはリンカーンとコスタリカへ向かう。

マホーンが預かったDVDには自分には時間がなかった事、リンカーンに伯父として子供の側にいて欲しい事、子供を愛している事、自分達は自由だ、と語るマイケルの姿があった。

 

プリズンブレイク サラとマイケルの感想

思い出してみると、色々な事がありましたね。脱獄がメインのドラマですがサラとマイケルをたどるとドラマの全体が見渡せます。

サラ役のサラ・ウェイン・キャリーズが妊娠、出産の為に離れていたシーズン3はあまり思い出せませんでした。

マイケルや他のメインキャストも大事ですが。やはり、サラあってのドラマでしょうね。

シーズン4のラスト“4年後”はファイナルブレイクの後になります。無罪放免になって、結婚式、サラ逮捕…という流れですね。

新たにスタートするシーズン5はシーズン4のラスト“4年後”から更に7年後という設定です。

過去のシーズンを全て観た、という方も終了したのが2009年ごろなのでもう忘れちゃったよ!との意見も多いです。

サラとマイケルのやり取りを見ると大体の流れが思い出せますね。

まだ観ていないという方、過去シーズンを観なきゃシーズン5についていけないの?と思われる方も多いでしょうが大丈夫ですよ!

8年もあいているので製作陣もそのあたりは対応しているでしょう。しかし、大体の流れを掴んでから観ると何倍にも楽しさが増します。

今から全話を視聴するのは大変なのですが動画配信サービスHuluで“吹き替え”“字幕”とも全話が配信されています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

⇒ Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

新シーズンとなるシーズン5はこちらで視聴できます↓

⇒ プリズンブレイクシーズン5 動画の無料視聴はこちらから!

 

スポンサーリンク