ウォーキングデッドシーズン8 予告動画から予想する展開は?

米サバイバルドラマ『ウォーキングデッド』の新シーズン8の日本放送日が発表され

ドラマを放送するFOX公式にて『ウォーキングデッドシーズン8』の予告動画が、2017年夏より配信を開始しました。

ついに、ニーガン率いる救世主達との最後の戦いが描かれるシーズン8ですが、その予告編にも様々な声があがっています。

今回は『ウォーキングデッドシーズン8』の予告動画に関する情報と、そこから読み解くシーズン8の情報を集めてみました!

 

スポンサーリンク
 

ウォーキングデッドシーズン8の予告動画からの予想

『ウォーキングデッドシーズン8』は、2017年10月23日(月)22:00~FOXチャンネルにて放送を開始します。

毎週月曜放送で全16話のうちの前半8話が放送され、中休みを経て後半の第9話からは、2018年2月から放送予定です。

『ウォーキングデッド』を放送する、FOX公式にてシーズン8の予告編が公開されましたが

その予告を観た方々からストーリーの展開を予想する、多くのコメントがネット上に溢れかえりました。

公開されたポスタービジュアルも、救世主VS連合軍をイメージさせるもので、予告編も大部分が戦いに向かう彼らの決意とその様子が描かれています。

 

捕らわれたゲイブリエル?

映像は暗闇で怯えるゲイブリエルから始まります。

「パンツを履いている事を願う…」

暗闇に響く声の主は救世主のリーダーであるニーガン。これから拷問が行われるようなセリフを呟き彼はニヤリと笑います。

辺りには人影はなく、部屋には2人だけと思われる事からゲイブリエルは、救世主に捕えられたと考えられますね。

シーズン7の最後にそんな描写はなかったと思うので、シーズン8の始めあたりの描写ではないでしょうか。

そして、キャストの出演情報ですが…

シーズン8の第1話は記念すべきシリーズ通算100話目となっています。予想すると第1話はメインキャスト大集合のエピソードになるのではないかと考えています。

しかし、ニーガン演じるジェフリー・ディーン・モーガンは多忙のため第1話の後は第6話まで登場しない!との情報も…

予告映像の後半で倉庫のようなところに、パンツ一丁で拘束されているゲイブリエルらしき男の姿が一瞬映るので、彼が捕まるのはやはり第1話ではないでしょうか。

 

ドワイトが開いた謎のメモ?

リック、ダリル、カール、キャロル、モーガンなどの様子が流れる中、目に留まるのはドワイトのシーンです。

フロントガラスが割れた車のそばで1枚の紙を広げるドワイト。その紙には“Tomorrow”と殴り書きされた文字が。

それを見たドワイトは驚いたような表情を浮かべています。

ドワイトはいまだ救世主側につきながら、リック達連合軍と協力関係にあります。

普通に考えればリック側からの“明日襲撃する”という合図のメモだと考えられるのですが、あのドワイトの表情が何とも意味深で深読みしてしまいます。

今回シーズン8のテーマは“再会”という事なので…個人的にはドワイトとシェリーの再会があって欲しい!そう願ってやみません。

 

モーガンとジーザスの争い?

気になる描写といえば…

味方同士であるはずのモーガンとジーザスが森で争うシーンがあります。

ジーザスは戦う気はないような素振りなので、またモーガンが一方的に攻撃しているのだと思いますが、大きな戦いを控えているので内部の争いはよくないですね。

ちょっとした行き違いかなんかであって欲しいのですが、ここでもまた深読みしてしまいますね。

5分ほどの予告動画。

最後にタイトルが出て終わったかと思いきや、激しい戦いを連想させるこれまでの映像とは全く違う静かな映像へと変わります。

 

立て掛けてある杖?

『ウォーキングデッド』で杖といえばマギーの父ハーシェルが思い浮かびますが、片手杖の描写は原作コミックにあります。

原作ではリックはドラマシーズン3のあたりで右手を失っています。

片手杖を持つリック、そしてヒゲ面で寝具に横たわるリック。この描写のあと、原作では新たな物語へと突入していきます。

救世主との戦いが終わり2年後、彼らの前に新たな敵が…

ドラマ制作スタッフは救世主と連合軍の戦いはスピード感をもって届ける、とコメントされています。

戦いはシーズン8全てで繰り広げられるのではなく、シーズン8の間に戦いとその2年後の新しい展開が盛り込まれるという意味なのではと感じました。

 

真っ白な寝具に横たわるリックのヒゲ

杖の後に映るのは花瓶にいけられた黄色い花とその向こうに映る人影です。

場面が変わってすぐにその人影がリックだとわかるのですが、その顔は老人のような長く白髪交じりのヒゲで覆われています。

肩の下あたりまでかけられた白いシーツや、彼の頭を支える白い枕からは、病院のような清潔感や無機質な印象を受け、ネット上では驚きのコメントが飛び交いました。

「まさかの夢オチ!?」

『ウォーキングデッド』のファーストシーズン、物語の始まり。リックは病院で目を覚まします。

目を覚ましたリックは、すっかり変わってしまったこの世に驚きながらも、必死に向かい合い仲間達と生き延びてきました。

病院を連想させる今回の意味深な映像を見たファン達は、物語の始まりであるあの病院を思い出し、全てはリックの夢物語だったのでは?と考える方が多くいらっしゃったようです。

しかし、この描写も原作にあるようです。

物語が新しい章に入る、という区切りの映像のように思えました。

救世主との戦いのあとの2年間を“それから2年後…”のように時の流れをリックのヒゲで表しているのではないでしょうか。

 

きれいになったタイトルの謎?

「タイトルロゴがきれいになってる!」

このような情報がネット上に出たことで、ある意味“夢オチ”説を加速させたのではないかと思います。

情報を確かめるべく、シーズン1からシーズン7の第1話のタイトルロゴを見比べてみました。

シーズン1からシーズン4までは、確かにシーズンをおうごとに文字が腐食していくような感じはありますが、シーズン5で少しきれいになっています。

そしてシーズン6で再び最初のWと最後のDが錆びれた感じになって、シーズン7では今まで以上のボロボロ具合です。

最初のTHEの部分はほとんど見えなくなっていて、WもDも消えてなくなりそうな感じでした。

シーズン8のタイトルロゴを見てみると…

正直、シーズン1よりもはっきりくっきりしています。

これは何か意図があってこのようにしているのか、またはシーズン7よりも朽ちてしまうと、もうほとんど見えないのでただ見えやすくしただけなのか…

このあたりの情報は見つけられませんでしたが、また変に深読みしてしまいますね。

今回全てのシーズンのタイトルを並べて見てみて、シーズン5が何で1度きれいになっているかも疑問です。あまり考えているわけではなさそうですね。

私は過去シーズンも全て視聴済みなのですが、今回タイトルロゴを確認するために全話配信がある動画サイトHuluを利用しました。

記事作成現在Huluは独占でシーズン1~6の吹き替え版の配信も字幕版と同時に行っています。

そしてシーズン8公開を前に、前作シーズン7の配信も字幕版のみありますので、おすすめです。

 

Hulu公式ページはこちら↓↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

ウォーキングデッドシーズン8の予告編使用曲は?

予告篇に使われている曲は、1996年からアメリカで活動するパンク・ロックバンドDrop Kick Murphys(ドロップキックマーフィーズ)の『Prisoners Song』です。

この曲は2013年にリリースされ、アルバム『Signed and Sealed in Blood』に収録されています。

 

ウォーキングデッドシーズン8 予告編の情報をまとめての感想

今回の予告編ではユージーンの登場がなかったように思います。救世主側に居た彼はどうなってしまうのでしょう…。

この戦いでのメインキャストの死は原作にも無いようなのですが、サブキャストの多くが死亡するのでは?と予想しています。

王国の執事ジェリーやトラのシヴァ、救世主のサイモン、アーロンの恋人エリックなども怪しいですね。

ただし、原作ではすでに死亡しているキャラクター(キャロルやモーガン)や、ドラマオリジナルキャラ(ダリルやタラ)については誰も予想のしようがありません。

ちなみにユージーンは原作では存命、ロジータと結婚します。ドラマ版でその流れは厳しいように思いますが、どうなるでしょう。

色々と想像を掻き立て、更に期待が膨らむ予告編でした!

 

ウォーキングデッドの動画を無料で視聴する方法!

「ウォーキングデッド」の動画を観るなら、Huluという動画配信サービスを利用するのがおすすめです!

Huluの無料トライアルを利用すれば、期間中はウォーキングデッドシーズン1~8が無料で見放題!!

他にも、映画やドラマ、アニメなど全ての作品が無料で見放題になります!!

ウォーキングデッドの配信、無料お試し視聴はいつ終了するかわかりませんので、まだ利用したことがないという方は早めの視聴をおすすめします!

 

Hulu公式ページはこちら↓↓

Hulu 2週間無料トライアル実施中!

 
スポンサーリンク